悩みを放置しないで|自信が持てる!二重整形をして憧れのパッチリ目を手に入れよう

自信が持てる!二重整形をして憧れのパッチリ目を手に入れよう

悩みを放置しないで

女性

セルフケアだけでなはく

いつまでも美しくありたいと願う女性は多いですが、多くの女性は化粧品やサプリメントなどのセルフケアしか行っていません。セルフケアだけですと、年齢を重ねるうちに出てくるしわやたるみを根本的に解消することはできません。しわやたるみをなくすためには、一時的な保湿や紫外線対策では足りず、年齢によって少なくなってきたコラーゲンを再生させることが必要です。現在の技術では、外からコラーゲンを塗ったり飲んだりしても、再生させることはできません。美容皮膚科に行き、コラーゲンの再生を促す細胞に働きかけることが必要なのです。こうした治療を行えば、確実にしわやたるみの改善につながりますし、未来の老化現象を予防することにもなり、一石二鳥です。

年齢によって頻度は違う

美容皮膚科に通院するとなると、通院頻度が問題となります。仕事や家庭で忙しい現代女性は、一週間に一回でも通い続けるのは大変です。ここで重要なのは、年齢によって適した通院頻度は変わるということです。働き盛りの30代であれば、まだ若々しい状態なので、一カ月に一回程度通院すれば、十分しわやたるみを予防することができます。コラーゲンの量は、年齢を重ねるうちにどんどん減少していくため、40代になると月に二回程度通院する必要が生じます。さらに年齢を重ねると、通院回数を増やさなければいけなくなりますが、その時には忙しい仕事や育児から解放されていることも多いものです。年齢に合わせて必要な通院回数は異なるので、まずは医師に相談してみましょう。