皮下脂肪を持ち上げるため|自信が持てる!二重整形をして憧れのパッチリ目を手に入れよう

自信が持てる!二重整形をして憧れのパッチリ目を手に入れよう

皮下脂肪を持ち上げるため

美容整形

加齢により垂れた皮下脂肪

頬の皮下脂肪は、柔らかいゼリー状をしているので、支えがなければ垂れ下がってしまいます。若いうちは、弾力のある肌が支えとなっているのですが、その弾力は加齢によって徐々に低下していきます。すると頬の皮下脂肪は、うまく支えられなくなり、重力によって垂れていきます。頬のみが垂れるので、これにより鼻や口元との間には溝が生じるのですが、この溝がいわゆるほうれい線です。肌の弾力が低下すればするほど、多くの皮下脂肪が垂れることになりますし、それによって大きなほうれい線ができます。しかしこれは、ヒアルロン酸を注入することで、解消可能となっています。なぜならヒアルロン酸は皮下脂肪よりも硬いため、注入することで皮下脂肪にとっての新しい支えとなるからです。つまりヒアルロン酸が土台となることで、垂れた皮下脂肪は持ち上げられることになるのです。

追加での注入が可能

美容整形用のヒアルロン酸には、高分子のものと低分子のものとがあります。そしてほうれい線を消すための治療には、このうち高分子のヒアルロン酸が使用されます。高分子ということは、ひとつひとつの分子サイズが大きいということですから、簡単には周辺組織になじみません。そのためこのヒアルロン酸は、注入した場所で長く形を留めることができます。つまり、ほうれい線の消えた状態が維持されるということです。とはいえ維持できる期間は、2〜3年となっています。高分子のヒアルロン酸でも、そのくらいの年月が経過すると、徐々に周辺組織に吸収されてしまいますし、それにつれて再び皮下脂肪は垂れてくるのです。ところがヒアルロン酸は、追加で注入することが可能となっています。つまり定期的に注入していれば、ほうれい線は消えたままになるということです。